パソコン、スマホ、コンビニで!便利なFAXの送り方、使い方

パソコンを使ってネットで送信や受信できるFAXサービスや、便利なFAXの使い方をご紹介いたします。

インターネットFAXで、パソコンやスマホでFAX送信・受信。オススメのクラウドFAXサービスは?

パソコンやスマホと、インターネットを使って

FAXが便利に使えるようになる
「インターネットFAX」

についてご紹介します。

[toc]

インターネットFAXでおススメは、efax

数あるネットFAXで、契約するなら「efax」。

  1. FAXを電子メールで送信、受信ができるようになります。
  2. 月額料金も、新規で固定電話を追加契約するより安いです。
  3. 取得できる新しいFAX番号は、全国47都道府県の番号をカバー
  4. メールでFAXを取り扱うので、パソコン、スマホ・タブレットでFAXが可能になります。
  5. 外出中でもFAXを送信、受信ができるので、出先でFAXする方にはとても便利。
  6. FAXがPDFになってメールで送られてくるので、電子化が簡単。
  7. PDFファイルなので、PCやスマホで手書き編集可能
  8. メールなので、宛先管理や、一斉送信、同報FAXなども楽に。
  9. メールソフトのアドレス帳に、よく使うFAX送信の宛先保存ができるので、宛先間違いも無くなります。
  10. 月150枚分まで送信、受信ともに無料。
  11. サポートも充実。
  12. 今なら、30日間無料でお試しできます。

インターネットFAXを検討されてる方は、実際に使い心地を試してみてください。

インターネットFAX、3分で開通
30日間無料のお試し中。
↓ ↓ ↓


インターネットFAXとは?

インターネットFAXとは、インターネットを使ったFAXです。

「電子FAX」「クラウドFAX」という言い方もします。

具体的には、電子メールでFAXのやりとり出来るようになります。

相手には普通の紙のFAXとして出力されます。

相手からの受信は、インターネットFAXサービスがPDFに変換して、メールを送ってきてくれます。

インターネットFAXを導入するには?

導入の仕方は、2種類あります。

「インターネットFAXサービス」を利用する方法
(クラウドFAX)

と、

「インターネットFAXが可能なFAX機」を購入する方法

です。

ただ、

「インターネットFAXが可能なFAX機」

は、マルチコピー機レベルのお値段(100万前後)です。

富士フイルム、RICOH (リコー)などが販売しているマルチコピー機にオプション追加でも数万円します。

また、「インターネットFAXの規格」に対応したFAX機にしか送信・受信できません。

ですので、一般的には、

  • 月額利用料が2,000円前後
  • 送信も受信も相手を選ばない

インターネットFAXサービス

を利用します。

インターネットFAXでの送信、受信は具体的にどうするの?

インターネットFAXサービスを契約すると、

送信は、指定形式でメールアドレスへFAXしたい内容を送信

します。

受信は、相手がFAXを送信すると、PDFデータに変換して、自分のメールアドレスへ送信されてくる

という流れです。

従来の電話回線を利用したFAXとは異なり、回線追加をする必要がありません。

ネットFAXの具体的な仕組みです。

FAXの受信は、

  • インターネットにFAXサーバーを設置
  • 電話回線から着信したfaxデータをメール用に変換(通常はPDFファイル)
  • 指定のメールアドレスに送信

という流れです。

FAX送信の場合は、これとは逆に、

  • メールとして送信されたデータをファックスサーバーに送信
  • 電話回線に流せるFAXデータに変換
  • 指定のFAX番号宛に自動で電話を掛け
  • FAXを送信

します。

自分でFAXサーバーを構築する必要はなく、ネットFAXサービスに申し込めば使えるようになります。

人気のインターネットFAXは、

efax

です。

市外局番を一番多く選べるサービスが「efax」です。

また、efaxは、毎月150枚分の通信料が無料になります。

FAXの送受信は、メールで行います。

申し込むと指定のメールアドレスが割り当てられます。

そこへFAXしたい資料を添付ファイルにして送信することで、相手にFAXが送信できます。

受信したFAXは、自分の指定アドレスへ届きます。

なので、FAXをメールで管理することができるようになります。

また、転送メールを設定することで、自分以外にも同報することができます。

FAXをメールで送受信できるため、パソコンやスマホ、iPadなどでFAXができます。

オフィスや自宅にいなくても、FAXを顧客や取引先から受取ることが可能になります。

外出、移動が多い方の業務の効率アップにつながります。

インターネットFAXで取得できるFAX番号

ネットFAXのサービスでもらえるFAX番号は、「050」から始まる番号が主流です。

IP電話「050」や、以前のポケベル番号の「020」から始まる電話番号に限定しているサービスが多いです。

最近では、東京、大阪、名古屋、札幌、福岡など殆どの市外局番を利用可能なネットFAXサービスも出てきました。

選べる市外局番が一番多いのは、このサイトでオススメしている efaxです。

efaxで選べる市外局番はこちら

今使っているFAX番号をそのままインターネットFAXで使うには?

便利なインターネットファックスに切替えたいときに、問題になるのがFAX番号の移転。

取引先やお客様に、FAX番号の変更を伝えるのは一苦労です。

1度告知してしまえば、問題ありませんが、なかなか踏み込めない場合もあるかと思います。

現在、ナンバーポータビリティ(番号移転)に対応しているサービスは、「03fax」のみ可能です。

ただ、番号移転の申請から、サービル利用可能になるまで2週間ほどかかります。

その間は、サービス申込してもインターネットFAXは利用できません。

使えない期間に課金されないよう注意する必要があります。

電話転送サービスを利用する手もあります。

電話番号には、別の電話番号に転送するサービスがあります。

これを利用して、

今のファックス番号に掛ってきたFAX

を、

新しいFAX番号に転送して対応する

という方法もあります。

ただ、この場合、

  • 既存の電話番号の利用料金
  • 今までのFAX番号から、新FAX番号へ転送する通話料

は掛かってきます。

FAX番号の切り替えを、いきなりは難しいと思います。

なので、

  1. お客様・お取引先様には、ネットFAXで取得した番号を連絡
  2. FAX番号の変更が周知するまで、番号転送で対応
  3. 今のFAX番号は徐々に使わなくしていく

という流れで移行が現実的じゃないでしょうか?

インターネットFAX始めるならお得な「efax」

インターネットファックスのデメリット

インターネットFAXのデメリットといえば、先ほどの

今までのFAX番号をそのまま使えない

ということです。

また、「手書きで返信」はできないので、

  1. 一旦紙に印刷
  2. 手書きで指示を入れる
  3. スキャンする(もしくは撮影して画像にする)
  4. FAXを送信する

という流れになります。

ただ、いまどきはPDFファイルに、手書きコメント入れることが可能です。

efaxは受信FAXをPDFで送付してくれるので、手書きのコメントを入れられます。

編集したPDFファイルを、そのまま「efax」でFAXとして送信できます。

FAX番号が変わってもいいなら「efax」にはデメリット無しです。30日間お試しはこちら→

インターネットファックスサービスで、一番使いやすいと人気の「efax」

インターネットFAXの「efax」は、パソコンだけでなく、ipad、iphoneなどの携帯・モバイルからFAXが送信できるサービスです。

月々1500円のサービス料金で、150枚のファックス送信、150枚のFAX受信が無料で利用できます。

faxの送信・受信には、メールを使いますので、新たなアプリや、ソフトは必要ありません。

メールでファクシミリを送信することから、FAXダイレクトメールなどの一斉送信も可能になっています。

NTTに高い工事費を払って、FAXのために追加で電話番号・電話回線を取得する必要もないです。

また、全国の主要都市の市外局番で電話番号を取れます。

FAXに関する固定費等も下げることができます。

30日間無料で利用できますので、使い心地を確認してみてください。

無料期間後の契約解除も、簡単に可能です。

≪eFax≫無料トライアル

ファックス利用経験談

コンビでFAXを送信・受信する

ファックスのいろいろ

便利なファックスサービス

FAXサーバー用ソフト

▲上に戻る