パソコン、スマホ、コンビニで!便利なFAXの送り方、使い方

パソコンを使ってネットで送信や受信できるFAXサービスや、便利なFAXの使い方をご紹介いたします。

iPhytterFAXはビジネスシーンでも使えるこれからのFAXアプリ

資源の節約が叫ばれている昨今、FAXサービスはあまり使われなくなっています。

やはりどうしてもFAXで連絡したい、しなくてはという時はあるものです。

そんな時便利なのが、インターネットにつながるiphoneやアンドロイド端末からFAXの送受信ができる便利アプリ、iPhytterFAXはです。

iPhytterFAXは、場所を選ばずFAX通信ができます

いつでもどこでも場所を選ばずFAX通信ができますので通常のFAXを使うよりも便利です。

iphoneやアンドロイド端末ならFAXで送りたい紙媒体を写真で取り込んだり自分で手書きした紙媒体も写真で取り込んでFAXとして送ることができます。

仕組みとしてはWiFiまたはネットにつながるiphoneやアンドロイド端末に専用の無料アプリをインストールしてIDを登録します。

FAXを送りたいドキュメントのファイルやpdf、MicrooftOfficeファイルなどもFAXとして相手に送ることができます。

iPhytterを使うには?

まずはiPhytterのアカウントを手に入れることから始めます。

iPhytterのアカウントさえ取っていれば音声通信にもiPhytterを使うことが可能です。

運営する会社はInterushという外資系企業ですが、日本向けのサービス展開も充実していますので安心して使えます。

しかもiPhytterは簡単な設定ですぐに使えるPHYTTERアカウントを設定すれば無料&格安で通話できるVoIPアプリですから料金が心配という方でも安心です。

FAXを送信する場合の手順

iPhytterFAXでFAXを送信する場合の手順は簡単です。

FAX送信をタップしてFAX番号等の必要情報を入力して送信したいファイルを選ぶだけです。

iphoneエディションは画像ファイルが送れないため注意が必要です。

FAXを受信したい場合はオプションのFAXME番号を購入すれば一般回線からのFAX受信が可能になります。

FAX受信はFAXME番号宛に送られたFAXデータをPDFファイルに変換して指定のメールアドレスに送信します。

FAXME番号の購入と受信用のメールアドレスを設定する必要があります。

iPhytterFAXのデメリット

メリットのほうが多いiPhytterFAXですが、デメリットもあります。

まずは、受信したFAXのプリントアウトが外出先ではすぐにできないことです。

またネットの回線が使用できない時は使うことができません。

ファイルサイズに制限もあります。

これら、3つの点に関してはデメリットになります。

ファックス利用経験談

ファックスのいろいろ

便利なファックスサービス

FAXサーバー用ソフト

▲上に戻る